WEBホスティング

ホスティングとは?

ホスティングとはインターネットサービスプロバイダなどが、お客様のメールサービスやウェブサービスをお預かりして運用するサービスです。

このときサーバを複数のユーザで共有して行うホスティングをと呼び、1ユーザで1サーバを占有して利用するホスティングを専用ホスティングと呼びます。

またユーザが所有しているサーバマシンやネットワーク機器をデータセンター内に設置し預かる事を「ハウジング」などと表現します。

サーバは常にインターネット回線に接続され、IPアドレスやドメイン名を持ち、必要なサーバソフトが稼働しています。

お客様自身でこれらの作業を行うと、莫大な費用と手間がかかってしまいますので、プロバイダと契約しサーバと回線を安価で借りるのです。これを一般的に「ホスティングする」といいます。

共有ホスティング 専用ホスティング
サーバを共有して利用 サーバを1台まるごと利用
例えるなら、マンションの一部屋を借りる 例えるなら、一軒家を丸ごと借りる
みんなで一台を共有するので色々な制限がある ひとりで一台を独占できるので殆ど制限がない
みんなで一台を共有するので費用が分割されて「安い」 ひとりで一台を独占できるので費用を全額負担なので「高い」

つまり「共有ホスティング 」というのは本来一台につき一個のドメインであるべきところを複数のドメイン名を一台で仮想的に使うことでその形態は「マンションでたくさんの人がそれぞれの表札を出しているが住所的にみると○×丁目○×番地で同じである」といったイメージになります。一方「専用ホスティング」は「○×丁目○×番地=住所」とそのままとなるわけです。

ホスティングとはサービス事業者が用意したサーバーを貸し出すサービスのことで、サーバーの所有権は事業者側にあります。

それではどのような企業でWEBホスティングサービスが利用できるのか?

お名前.comレンタルサーバー ConoHa VPS




ColorfulBox Mixhost(ミックスホスト)VPS




代表的な企業を例として挙げてみたが当然これ以外にも多くあり、自分が持っているWEB制作上の知識やどのようにこの分野に携わるかを勘案して利用プランを決めたほうがよいだろう。

単一のホームページだけを作るだけなら最も安いプランを利用すればいいが、共有サーバーの中でもカスタマイズの自由度が高いVPSサーバーなど、ある程度の知識を求められるものが最近では割と安価で利用できたりする。

自分のポテンシャルに合わせたサーバープランを契約しよう。