5Gにおける将来の展望

5Gにおける将来の展望
5Gの将来の展望

第5世代移動通信システム ( 5G ) のサービス開始始まり、それは3Gや4Gのようなモバイル通信の高速化・大容量化にとどまらず、世の中のありとあらゆるモノをネットワークでつないで制御・コントロールする次世代のインフラとして、通信サービスを劇的に進化させる可能性を持っている。5Gによって我々の生活は、今後どのよう発展につながるのだろうか。

あらゆる産業で進展するデジタルトランスフォーメーションにより、従来の産業構造や収益構造が変化しています。そのため、各企業はこの変化に対応するため、新たなビジネスモデルやサービスの創出を通じて、これまでにない顧客体験の提供や競争力の獲得を図り、自らのビジネスの差異化を目指しています。 5G時代のICT技術を活用した情報通信基盤の構築/提供と、通信事業者や多様な産業・企業と共に、ソーシャル、オペレーション、ネットワークの変革を通じて、社会・産業のデジタルトランスフォーメーションを高度化・加速化が期待できます。

高速大容量通信の手段としてローカル5Gが注目されている

ローカル5Gとは

地域・産業のニーズに応じて地域の企業や自治体等が個別に利用できる5Gネットワークのことです。通信事業者が全国で展開する均一な5Gの通信サービスに対して、ローカル5Gは、地域・企業が主体となって、自らの建物内や敷地内といった特定のエリアで自営の5Gネットワークを構築・運用・利用することができます。 ローカル5Gを利用するには国で指定された無線局免許の取得が必要となります。

超高速・大容量の専用ネットワークを持ちたい

ほかの企業、主にリッチコンテンツを扱う企業の利用状況に左右されることなく、ほぼ占有されたネット環境を利用する事で随時安定された高速通信を実現することが可能になります。

特に災害時に安否確認等の電話が集中すると、ふくそう(輻輳)と呼ばれる電話がつながりにくくなる現象が発生する事があったり、ネットにつながりにくくなる症状は各通信事業者の大きな課題として挙げられています。

その結果、各通信事業者では月額の通信制限を行っていたり日毎の利用量を細分化して一定の利用帯域が確保できるようにコントロールしていますが、それでも災害時にはネット環境が繋がりにくくなる事があるようだ。

セキュリティを確保した安心・安全な通信をしたい

通信環境に至っては近年サイバー上の安全保障が帯やされる事態が多く発生しており、それらの問題は国を跨いでアメリカ・中国を中心に多くの問題が挙げられています。

その中でハッカー達の的にならないためには、あくまで閉域の中だけの整備を中心として他の侵入経路を作らない整備をし、入口対策としては非常に限定的な侵入者に限られると考えています。

そういった意味からもはローカル5Gを利用する事でサイバー上の脅威が軽減されるのではないかと筆者は考えています。

必要な場所にネットワークを構築したい

5G整備を病院なら病院だけに、スタジアムならスタジアムだけの整備、学校なら構内だけの整備として、高速通信を必要としている場所だけにピンポイントで整備する事になるため、あくまでその土地の所有者が必要としている高速通信整備を実現する事が可能です。

次世代通信カテゴリの最新記事